このページの目次

家賃滞納

マンションなどの賃貸経営をされている方を悩ませる、家賃滞納のトラブル。
入居者からの未納が続き、対応に困っているオーナー様からの相談事例が後を絶ちません。昨今の不景気のあおりを受け、増加傾向にあるトラブルです。

家賃補償会社がつぶれてしまうといったケースもあり、これからの時代は、「オーナーが入居者に直接請求」して被害を最小限に食い止めるという選択肢をおすすめします。具体的な内容に関しましては、それぞれのケースにより異なりますので、信頼できる弁護士に相談しましょう。

滞納催促

滞納催促の鉄則は「早ければ早い方が良い」です。1ヶ月でも未納があれば、すぐに催促すること。入居者の「必ず払いますから」という言葉にほだされて、待っていてはトラブルが大きくなるばかりです。数ヶ月の家賃に目をつぶってでも、すぐに出て行ってもらう方向で話を進めましょう。

まずは、口頭で滞納催促を。次に、内容証明で文書を郵送します。未納者の夜逃げを防ぎ、任意で退出してもらうための正しい手順があります。信頼できる弁護士に相談し、あなたのケースにフィットする解決策を提案してもらい、確実に実行しましょう。

不動産問題

ご予約フリーダイアル0120-255-112受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]
お電話でのご相談は承っておりません
tel:092-738-3377

お問合せ・ご予約 お気軽にお問い合わせください。