このページの目次

立退き

解約申し入れ(立ち退き)にもいろいろなケースがあります。「今まで貸していたが、これからは自分で住みたい」「家賃滞納者など入居者に困っている」「建物を売却したい」「都市計画事業により立ち退きしてもらう必要がある」などです。

立ち退き料とは、賃貸人の要請に応じて賃借人が賃借物件を明け渡す場合に、その代償として発生するものですが、必ずしも支払わなければならないものでもありません。実はこの「立ち退き料」、正式な法律用語ではなく、絶対的な概念ではないのです。立ち退きの正当理由が不十分である場合に、それを補完するものとして捉えられることもあります。

居住者への通知から実行に至るまでの手順は、ケースバイケースです。信頼できる弁護士に相談し、個別のケースに即した解決策を提案してもらうことをおすすめいたします。

強制退去

強制退去を望む理由は様々ですが、家主は、借家人が家賃を支払わないことを理由に強制的に建物から追い出すことはできないように法律で定められています。
そこで、家主が明渡しの権利の得た後に実行するために、裁判所の判断の下きちんとした手続きをとることになります。これが「強制執行」ないし「強制退去」というものです。強制退去の手続きの流れは、以下の通りです。

賃貸借契約の解除と明渡請求→訴訟の提起や調停の申立→建物明渡執行の申し立→強制退去。こうなると裁判にも1年以上かかり、手続きも専門になります。強制退去を検討される場合は、信頼できる弁護士にお願いするのが最適な方法と言えるでしょう。

不動産問題

ご予約フリーダイアル0120-255-112受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]
お電話でのご相談は承っておりません
tel:092-738-3377

お問合せ・ご予約 お気軽にお問い合わせください。