経営が順調でなくなった場合に資金繰りをどうするか?

あるいは経営継続を断念しなければならない事態に陥った場合に、具体的にどういう方策があるのか。
これらは極めて重要な法的判断が求められる事項です。

破産申立をすべきなのか、民事再生でいくのか、任意整理でいけるのか、さらには経営者個人の資産はどうなるのか等、法的アドバイスなしでは判断することもままなりません。

また、「倒産」というものに定義がありません。
社長が倒産と決定する以外にも、銀行との取引ができなくなったりや、取引先会社への支払いができないなど、これらも「倒産」といえる事項です。

そんな事態にならないに越したことはありませんが、もしそうなった場合、あるいはそうなりそうな場合、できるだけ早く法律のプロ=弁護士に相談することをおすすめします。
こんな時こそ、気心の知れた弁護士が頼りになります。
パートナーとして信頼できる弁護士を選び、顧問になってもらうと安心です。

お客様の声としては、
「その後の人生を考えれば、あの時言われた通りにしてよかった!」というお声も多いです。

経営サポート

ご予約フリーダイアル0120-255-112受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]
お電話でのご相談は承っておりません
tel:092-738-3377

お問合せ・ご予約 お気軽にお問い合わせください。